MENU

化学工学会SDGs検討委員会とは

本委員会は、国際連合「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた化学工学の貢献および化学工学会における取組みを検討するために、2018年4月に設置されました。
特に、2019年9月27日にアジア太平洋化学工学連合国際会議(APCChE2019)にて、国際連合工業開発機関(UNIDO)と共同で発表した「国連持続可能な開発目標に関する宣言(2019年・札幌)- 人々の「健康、安心、幸福」のための化学工学 -」(札幌宣言*)を、学会内外とのパートナーシップで具体的に推進してSDGs達成へ貢献することを目指しています。


SDGs達成に向けた札幌宣言の実行 -安全な水への化学工学の貢献-<オンラインのみ>化学工学会第52回秋季大会にて特別シンポジウムとして開催

シンポジウムPR動画

PAGE TOP