youtube

SDGs達成に向けた札幌宣言の実行
-安全な水への化学工学の貢献-<オンラインのみ>

開催概要

一般公開・参加無料・要事前登録

日  時: 2021年9月24日(金曜日)13:00-16:00

開催場所:オンライン( 化学工学会第52回秋季大会 内)

開催趣旨:化学工学会は、2019年9月APCChE 2019において『国連持続可能な開発目標(SDGs)に関する宣言-人々の「健康、安心、幸福」のための化学工学-』と題する札幌宣言を発表しました。SDGsを共有ビジョンとし、化学工学者が、化学工学と関連する技術の進歩を通して、人々のウェルビーイングの推進への貢献を第一の目的としています。このために、Efficiencyの視点に加えて、Sufficiencyの視点で技術を捉え社会に実装することが求められます。
本シンポジウムでは、すべての人々の水と衛生へのアクセスの実現と持続可能な管理に向けた世界の取り組みに焦点をあて、化学工学会内に蓄積してきた豊富な知を活用した課題解決の道を探ります。そのために、先進的な取り組みを学ぶとともに、地域毎に異なる社会的、経済的、環境的な条件を踏まえた異分野との協働を議論します。具体的には、学会内外の多様な視点からの講演に続けて、登壇者に加え参加者の皆さんにも加わっていただいて参加型のグループ討議を実施します。

プログラム

 

13:00-13:10 開会挨拶  (早大先進理工)  野田 優 氏
13:10-13:40 ウェルビーイングと水 (日本女子大学) 宮崎 あかね 氏
13:40-14:10 分散型水処理・給水システム -SDGsへの取り組み- (三菱ケミカルアクア・ソリューションズ(株)) 佐原 絵美 氏 ・ 等々力 博明 氏
14:10-14:40 海の豊かさをもたらす水管理 (広島大学) 西嶋 渉 氏
14:40-15:30 グループ討議  
15:30-16:00 総合討論  

 

主  催:戦略推進センター・SDGs検討委員会、環境部会

協  賛:日本化学工業協会、新化学技術推進協会

後  援:国際連合工業開発機関(UNIDO) 、日本学術会議

オーガナイザー:野田 優 (早稲田大学)、山本光夫 (東京大学)、藤岡沙都子 (慶應義塾大学)、飯野福哉 〔国際連合工業開発機関(UNIDO)〕、平尾 雅彦 (東京大学)

参加申込み

※化学工学会秋季大会のサイトに遷移します。

講演要旨

講演チラシ